デュタスで髪フサフサ計画

デュタスはアボダートのジェネリック医薬品で、世界でトップ10に入るジェネリック医薬品会社「Dr.Reddy’s Laboratories」が製造・販売しています。

デュタスの発毛効果とは

デュタスはプロペシアなどに代表されるAGA治療薬の1種で、男性型脱毛症の症状の改善に効果があります。
イギリスの製薬会社が開発を行った、アボダートのジェネリック医薬品に該当します。
デュタスはインドの製薬メーカーが開発したジェネリック医薬品で、日本の企業とも業務提携をしている信頼性の高い会社が作った薬です。
デュタスに含まれているデュタステリドには、男性型脱毛症の原因になるDHTの生成を行う酵素である5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があります。
5αリダクターゼには1型と2型がありますが、デュタステリドは両方に効果があることがわかっていますので、高い発毛効果を得ることが可能です。
医療機関でAGA治療の受診を受けたときに処方される薬には、プロペシアがありますが、プロペシアは5αリダクターゼの2型にか効果を発揮しませんので、デュタスを服用したほうがプロペシアの1.5倍の発毛効果があると言われています。
男性型脱毛症の症状には様々なものがありますし、前頭部の薄毛や抜け毛に関してはミノキシジルとの併用を行うことでさらに高い効果があると考えられます。
デュタステリドについては、海外では認可が行われている国が多く、医療機関で使用されている医薬品となります。
1mgのフィナステリドが含有されているプロペシアを半年継続的に服用した患者が、AGA治療として効果が見られなかったときに、デュタスの投与を行っている場合もあります。
臨床試験ではフィナステリドよりもAGAの改善に効果があるという結果も出ていますので、発毛効果が期待できる医薬品と言えます。
先発医薬品と比較して、安い価格で購入できますので、継続的に使用しやすいものとして人気があります。