デュタスはアボダートのジェネリック医薬品で、世界でトップ10に入るジェネリック医薬品会社「Dr.Reddy’s Laboratories」が製造・販売しています。

デュタスの副作用と発症率

男性の大きな悩みとなっている薄毛の可能性に誰もが悩むことがあります。
大量な抜け毛や頭皮の状態に不安に陥ることがあります。
そんな症状が薄毛として出てしまった方への強力な薬としてデュタスが登場しています。
デュタスとは今までの頭皮を清潔に気をつけたり育毛剤での血行を促進させる方法や、それまで出ていた飲み薬のプロぺシアよりも効果が高いと言われるジェネリック薬品です。
ジェネリック薬品のため安く薬品を手に入ることができます。
男性型の脱毛症は主に男性ホルモンが原因とされています。
デュタスは既存のプロぺシアと違い、含まれる有効成分がその脱毛症の原因となる酵素2種類とも抑えることができます。
しかし、長い目で服用を続けた方がいいデュタスですが、長く使用されることで薬に対する抵抗力がつき効果が弱まる恐れがあります。
また使用時の副作用の一つに初期脱毛という髪の代謝が変化することで一時的に毛髪が多く抜けることがあります。
そして薄毛へと戻る可能性への不安で過剰に摂取するかもしれませんが、その後毛髪が生えて戻ります。
デュタスは適量で服用するだけでも強力な薬となっています。
そのために起こる副作用は性的な機能の低下が起こりますが、使用者の5%ほどの発症率にも満たないくらいです。
現状では大きく深刻な症例は出ていません。
これらの副作用を抑えるには別の薬品との併用する方法があります。
薄毛の進行は抑えられます。
毛髪は栄養を吸収して正しく成長していけば問題ないのですが、皮脂の分泌や細胞分裂への働きを阻害し続けるということで栄養が髪の毛に伝わらなくなっていきます。
ちなみにデュタスは海外では育毛剤ではなく前立腺がんの手術前での薬となっていますし、未成年者や女性は飲むことができません。