デュタスはアボダートのジェネリック医薬品で、世界でトップ10に入るジェネリック医薬品会社「Dr.Reddy’s Laboratories」が製造・販売しています。

デュタスは通販で購入できます

日本産の育毛剤は、血行促進などの薬効成分が含まれていれば育毛剤として認められるので、日本で売られている育毛剤では、何ヶ月使っても効果が現れないのは当然です。
脱毛症治療薬で代表的なものにプロペシアがありますが、そのプロペシアよりも効果があるとして評判なのがアボダートです。
脱毛を引き起こす5aリダクターゼ(酵素)にはI型とII型がありますが、アボダートはI型とII型の両方を抑える力があります。
アボダートは、前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、脱毛症にも効果があることが確認され、 現在、米国では脱毛治療薬としても処方されています。
アボダートは、開発費に莫大な費用がかかり、薬価は高く、アボダートのジェネリック医薬品としてデュタスが安価で販売さています。
アボダートなら、1ヶ月分(30錠)で10000円、1年間で120000円かかり、たとえプロペシアよりも効果があるとしても、毎日継続して使い続けるには負担が大きく、負担がストレスとなれば脱毛症にはよくありません。
それに比べて、ジェネリック医薬品のデュタスでは、1ヶ月分(30錠)は2300円で、1年間でも27600円で済みます。
アボダートとデュタスとでは、1年で10万円ほどの違いがあります。
デュタスなど脱毛症治療薬は服用を続けなくてはならず、服用を止めたら、止まっていた脱毛症が進行します。
長く続けていくには、安くて効果のあるデュタスが一番ですが、プロペシアと違い、デュタス(アボダート)は日本では認可されていないので、病院では処方されません。
プロペシアよりも効果があり、しかもジェネリック医薬品で安く入手できるのに、諦めなくてはならないのは酷な話ですが、通販ならデュタスも購入ができます。
通販での医薬品は自己責任になりますが、実績があり、信用のおけるとこで入手すれば問題はありません。