デュタスはアボダートのジェネリック医薬品で、世界でトップ10に入るジェネリック医薬品会社「Dr.Reddy’s Laboratories」が製造・販売しています。

デュタステリドのI型とII型の両方を抑える力

世界中で男性型脱毛症を改善させるための、AGA治療薬として様々なものが開発されています。
イギリスの製薬会社が開発した医薬品にはアボダートというものがあって、有効成分として含まれているデュタステリドには、日本の医療機関で認可されているプロペシアと比較しても強いAGAに対する効果があると考えられています。
デュタステリドには、男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンをDHTに変換させてしまう、酵素の働きを阻害させる効果があります。
脱毛の原因となってしまう男性ホルモンをDHTに変化させてしまう酵素のことを、5αリダクターゼといいますが、5αリダクターゼにはI型とII型があることが判明しています。
プロペシアに配合されているフィナステリドでは、5αリダクターゼのII型にしか効果がない医薬品となりますが、デュタステリドを含んでいるAGA治療薬であれば、5αリダクターゼのI型とII型の両方に効果を発揮することができます。
デュタステリドを配合している医薬品としては、アボダートがオリジナル品となりますが、そのために価格が高額になってしまいます。
特にAGA治療の場合には、長期間にわたって継続的に医薬品の服用を行う必要性がありますので、費用が高くなると治療が受けられない人も増えてしまうことが考えられます。
アボダートには、デュタスというジェネリック医薬品がありますので、安価な価格で治療を行いたい人の場合には通販によってデュタスを購入することがおすすめです。
デュタスは日本では認可を受けていない医薬品に該当しますので、個人輸入によって海外製品を輸入してる代行業者の通販を利用することで手に入れることが可能になります。